男の人

40代から更年期障害を意識しよう|治療中は生活習慣も気にする

このエントリーをはてなブックマークに追加

定期検査が重要です

病棟

発症すると危険

脳の血管にできたコブのようなものである脳動脈瘤は、一般的にこの状態のままならば命に危険があるわけではありません。しかし突然破裂してしまった場合にクモ膜下出血という非常に重篤な症状になってしまいます。この場合の生存率は半分程度という非常に恐ろしい病気なので、対策が必要になってきます。ですが内科などの人間ドックの精密検査で発見出来るという大きなメリットもあり、その後の対応が取りやすい病気です。すぐに処置をしなくても経過観察で様子を見る場合もありますから、まずは医師の診断に従う必要があります。一般的に大きいものほど破れやすく形がいびつだと危険が高まりますが、統計では破裂確率は1パーセントもありません。過度の心配は必要ないですが、ある程度の年齢になったら精密検査を受けて安心感を得る事が大事です。

告知に関して

脳動脈瘤は年間でも平均して1パーセントにも満たないような低い確率でしか破裂する事はない病気です。考え方によっては99パーセントの人が助かる病気というふうに言い換える事も出来るので告知が重要です。告知は医師と患者の相性によってもかなり印象が変わってしまうので十分な配慮が必要になってきます。現状では大きな心配はないがリスクを減らすためにできる事をすすめる事が良い告知方法になります。タバコや急激な温度変化はリスクを高めますし、高血圧状態もあまり良い状況ではありません。しかしこういった事をきちんとコントロールして脳動脈瘤の発症リスクを抑えれば怖い病気でない事も事実です。安心感を得るために脳動脈瘤のセカンドオピニオンなどを積極的に受けるのも心の安定には非常に良いです。