患者

40代から更年期障害を意識しよう|治療中は生活習慣も気にする

このエントリーをはてなブックマークに追加

聴神経とは

医者

聴神経腫瘍は聴力が悪化する腫瘍です。水頭症などの合併症もあるので、ガンマナイフやサイバーナイフなどの医療器具を使用した、定位的放射線治療を受けることが大切です。また手術前に、放射線治療について専門医からしっかりと説明を受けましょう。

読んでみよう

体調の変化に気づくこと

男性

日常の過ごし方を工夫する

更年期障害とは、閉経の前後10年くらいの期間に起きると言われる体の不調のことを言います。女性は、大体50代前後くらいで生理が終わる閉経という時期を迎えますがこの時期には、ホルモンのバランスが一気に崩れることで体に色々な症状が出るようになります。主な症状には、のぼせや火照り、めまい、頭痛、倦怠感、むくみ、動悸など様々なものがあり人によっても症状の現れ方が違います。更年期障害は、病院で治療をすることも可能ですがまずは日常の過ごし方を工夫することも大事です。食事は規則正しくとり、和食中心のヘルシーなものにします。ストレッチやウォーキングを心がけ、ストレスを発散できる趣味を探すなど体に優しくリラックスして過ごせるようになるだけでも症状が改善されることがあります。

うつに気を付けること

更年期障害は、誰にでも起きるものではなく起きたとしても症状が軽く出る人も居れば重く出る人も居ます。症状があるにもかかわらず、我慢して過ごしてしまうと心身のバランスが乱れてうつに発展することもあるので必要な場合には病院で治療を受けることが大事です。更年期障害の治療には、ホルモン療法や漢方療法が中心でその他にカウンセリングも行われ生活指導が行われることもあります。ホルモン療法は、不足しているホルモンを補い漢方には複数の症状を緩和する作用があるのでいくつの辛い症状が同時に出ている人にも良いでしょう。精神的な症状が強い人の場合は、カウンセリングだけでも症状が良くなることもあるので悪化する前に治療を受けることが大事です。

定期検査が重要です

病棟

脳動脈瘤は破れてしまわない限り命に関わる事はないので、正しい状況を把握してしっかりと治療を行っていく事が大事です。医師との信頼関係も非常に重要で、安心して治療や経過観察が出来る関係で生活スタイルの改善も大事です。

読んでみよう

3つの治療方法

看護師

脳腫瘍の治療方法として代表的なものは外科療法、放射線療法、化学療法の3つです。外科療法の場合はメスとマイクロサージェリーによる手術が一般的です。他にも、放射線療法と抗がん剤を用いる化学療法などがあります。

読んでみよう